2011年5月17日火曜日

仙台に行ってきました。

土曜日に仙台にじいちゃんの
お墓参りに家族でいきました。
お墓は若林区にあり
震災後の仙台がどうなっているのか
行くまで心配でした。

高速道路の途中の道も福島辺りから
少し道がでこぼこしている所もあったり
瓦が落ちてしまった家なども見えました。

仙台市内に入りガラスの割れた建物や
看板の落ちた建物なども目につきましたが
じいちゃんのお墓やお寺さんは無事でした。

お墓から海まで5分ぐらいの距離だったので
津波が来た海へも行ってみました。

海に近づくにつれ家が壊れていたり
震災の被害の大きさが明らかに変わってきました。

そして津波が来た場所に来ると

根こそぎ抜かれた木の残骸
つぶれた車
ななめの家
田んぼに海の砂
ぐにゃぐにゃの鉄
遠くまでつづく青空
あの日から止まったままの時間


















帰りの高速道路から見た
東京は電気が少ない為
灯りが淡いプラネタリウムみたいで綺麗でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿