2012年2月7日火曜日

不思議な夢

昨日、不思議な夢をみた
これは夢の話です

何故かぼくは温泉に入っていた
その温泉の中には
絵本作家の大御所
田島征三さん
太田大八さんと
長新太(チョーさん)
が温泉でくつろいでいてビックリ!
温泉の中で3人は楽しそうに話をしていていた
話も絵本の事やナンセンスな会話だった
のだが詳しく思い出せない。

しばらくして自分が頭を洗っていると
近くで長さんが
『近頃の若い人達は ずいぶん素直に
人の意見を聞くよね』
と言った。
思わずぼくは振り返り
チョーにさんに話しかけてしまった
『色んな意見を聞いていると 自分が何を描きたいのか
本当にわからなくなってしまうのですが
どうしたら本当に自分の作りたい絵本が出来るんでしょうか?』
と頭を洗いながら聞いてしまった。

チョーさんは突然へんな奴が話しかけてきて
一瞬驚いていたが
やがて含み笑いをして
(まーみんなそんなもんよ)
て顔をしていた
よく見るとチョーさんは
温泉の中なのに
赤いセーターとズボンを履いて
腕をくんでいた
近くで見たチョーさんはなんだか
ギリシャの哲学者みたいな顔をしていた。

ぼくはチョーさんに変な質問をした事に
恥ずかしくなり頭を洗い続けた
しばらくして振り返ると
もうチョーさんはいなかった
とても不思議な夢だった


0 件のコメント:

コメントを投稿