2013年1月25日金曜日

たんたん日記2

恵比寿の東京都写真美術館ホールで
とても印象に残るドキュメンタリー映画でした。
中村正義さんの娘さん(中村倫子さん)が
父中村正義の生まれた街へ行ったり
絵を描いた場所を巡ったりする内容でじ〜んとする映画でした。

映画の中で中村正義さんが
日本画壇に対して
『勲章とは国家権力そんなもので芸術の価値が決まるのは変だ』
と言っていたのがとても印象的でした。
中村正義さんが若くして日展に入選して
最年少で日展の審査員になったのに
戦後の日本画壇に異を唱えたため
デパートなどで発表が出来なくなったり
日本画壇の旧勢力から数々の圧力や妨害を受け
それでも自分の表現の幅を広げていく
本当に凄い人でした。
そして映画の中に出て来る人達の顔がとても素敵でした。

映画を見てから写真美術館で開催されていた

学生運動や成田闘争や失われて行く農村の風景など
すごく考えさせられるテーマなのですが
心にド〜ンと響く良さがありました。

今日のイラスト
『中村正義』



0 件のコメント:

コメントを投稿