2017年5月4日木曜日

長沢節展

上野まで行ったので
少し歩いて弥生美術館まで長沢節展にも
行ってきました。

自分が節先生に会った頃
自分は10代後半で節先生は70代後半
いつもユーモラスに喋ってくれたし
話も聞いてくれた

本当に自由な人って
優しいんだなって知った

節先生の後ろでクロッキー描く姿をみてたけど
全然上手く描けなくてよく落ち込んでた
初めて水彩の授業の時に描いた絵をセツ先生が
Aと言ってくれた事は嬉しかったし自信につながった。

千葉県の大原へセツの
スケッチ旅行に言った時
自分の描いてた絵を見て
「お前、わかってきたな」って言って
自転車に乗って軽快に去って行ったセツ先生

そんな言葉を聞いて
嬉しくなってその絵をどんどん描いて
学校でその絵を見せたら
あれ?途中までは良かったのに…って言われ
結局
わかってわかってなかった事が判明した。。
あの時セツ先生の言ってた事が
ずいぶん後になってからわかったけど

でも今日、長沢節展に行って
自分の知ってる節先生はほんの少しだけだったんだな
と思った。

知ってる絵は沢山あったけど
原画を観たのは初めてだったから
なんだか胸がいっぱいになった。

0 件のコメント:

コメントを投稿